Blogブログ

腹が立つクレーム対応

こんにちは!

接客販売に必要な
3つのスキルを身につけて
誰でも楽しみながら売れるための
サポートをしています。

広島・ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です。

 

コロナの影響で3月は私も
外に出て行く仕事が
全て無くなりました(;_;)

せっかくなので
今まで手をつけられてなかったことに
挑戦できるいい機会にします!

 

クレーム対応セミナーを作っている時に
あることに気付き
一人で笑ってしまいました。

私が新人販売員時代に
大炎上させたクレームが
モデルケースにちょうどいいかな?と思って
分析していたところ

その対応のしかたが
完璧だったことに気付いたんです。

 

大炎上したのに完璧??

 

そう。

 

完璧に
地雷を全て踏んでいました(/ω\)

納得の大炎上!

 

こんなデータがあります。
腹が立ったクレーム対応ベスト3
お客様の立場でです。

どんな対応がランクインしているでしょうか?

 

(一社)日本クレーム対応協会によると

 

第3位 

解決策を一方的に押し付けられた

 

第2位 

ちゃんと話を聞かない

 

そして第1位が

最初に謝罪がなかった
なのだそうです。

 

これを全てやると
大炎上間違いなしです(>_<)
(経験済み)

 

こんな経験があったから
自分のクレーム対応を見直すことができたし

店長をやっていた頃には
スタッフが対応して
「店長呼んできて!」
と言われてしまったクレームでも

お客様に笑顔になっていただくことが
できるようになりました。

 

現在はクレームの対応だけでなく
クレームを防ぐ接客にも応用しています。

 

嫌な経験も
発想を変えると宝になる。
ムダなことって無いんだなあと
思えてきます。

過去に
お客様に嫌な思いをさせてしまったけれど
それはもう取り戻すことはできません。

だからこそ今
一人でも多くの方に
笑顔になってもらえるよう
お役に立ちたいです。

 

そうそう!
先日のクレーム対応セミナーの様子を
東広島市のミライノ+の
ホームページに掲載してくださっています。
 ⇒ミライノ+ HP

ぜひご覧くださいね♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事