Blogブログ

超一流のクレーム対応

こんにちは!
広島・ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です。

クレーム対応って
どんなふうにされていますか?

クレームは
臨機応変、ケースバイケース
と言われることが多く

その対応方法を
マニュアル化していない企業も多いと聞きます。

しかし
クレーム対応のしかた次第で
お客様を
ますます怒らせてしまったり
反対に
怒っていた方がファンになってくれたり

対応次第でお客様の反応が
180度変わります。

だからこそ
このSNSの時代において
何の対策もしないことは大変危険なのです。

私のクレーム対応研修を通じて
ますますたくさんの方に幸せになっていただくために
(一社)日本クレーム対応協会
代表の谷 厚志先生から学んでまいりました。

広島や中国地区の皆さまの
お役に立てますと幸いです。

関連記事→https://ameblo.jp/makiplustable/entry-12454062942.html

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事