Blogブログ

複数のお客様に話すとき、伝わるコツを意識していますか?

vol.266

こんばんは!

地方から
全国売上NO.1販売員を生み出す接客法で
売上アップをサポート!
広島・ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です。

 

息子とある観光スポットに
出かけた時のこと。

アテンダントの女性が
10人ぐらいのお客様に向けて
その場所の歴史の話を
してくださっていました。

 

お客様の立場で聞いてみると
改めて
あることが大切だなと
感じました。

 

それは

 

アイコンタクです。

 

「楽しい雰囲気でいきましょう~♪」
と言われているのに
何となく、距離を感じるな
と思っていたら

お客様のほうを見ているけれど
全体の空間を見て
お話しをされていたんですね。

 

複数のお客様の前で
話すときには

どなたか一人の目を見る
  ↓
一文ほど話す
  ↓
視線を全体に向ける
  ↓
別のかたの目を見る

というふうに
繰り返していくと

一人一人に
話しかけられているような感覚

聞いてもらうことができますよ。

 

これだけでも
お客様の満足度が
グッと高まるはずです。

 

人前での話し方を身につけておくと
いろいろな場面で
役立ちそうですね。

 

振り返ると
何も知らなかった以前の私は

視線を止めずに
全体をサーっと見るように
話していたので

お客様に
伝わりにくい話し方だったなと
今ならわかります。

 

ちなみに私の場合
さまざまな話し方のコツは
セミナーコンテストで
教えてもらいました。

セミナーコンテスト

今大会では
広島大会の出場者さん向けの
「対策講座2」で

講師をさせていただきます。

 

気になる方は
一緒に挑戦してみませんか?

広島大会の出場者枠、
残りわずかです。

 

挑戦すると
人生が変わる人続出の
大好きなイベントです(*^-^*)
セミナーコンテスト

お問い合わせも
お気軽にどうぞ♪

本日も読んでくださり
ありがとうございます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事