Blogブログ

お金をかけずにできるディスプレイのちょっとしたコツ

おはようございます。
ブリング トゥ ザ テーブル 代表の矢島 真紀です。

今日は、お金をかけずにできる
ディスプレイのコツを一つご紹介します。

 

例えば、上の写真のようなキャンドルを
扱っている売場だとします。

このキャンドルに色やサイズが何種類かあったとき
どう並べたら
お客様は見やすく選びやすいのでしょうか?

 

文字だとわかりにくいので
ひとつの例を簡単な図にしてみました。

こちらの⚫を商品だと思ってくださいね。



高さや色をそろえて

⚫⚫⚫⚫⚫⚫
⚫⚫⚫⚫⚫⚫
⚫⚫⚫⚫⚫⚫

と並べるのと

同じく、高さや色をそろえて

⚫⚫ ⚫⚫ ⚫⚫
⚫⚫ ⚫⚫ ⚫⚫
⚫⚫ ⚫⚫ ⚫⚫

と並べるのと。

(実物じゃないのでわかりにくいとは思いますが)
あなたはどんなふうに感じるでしょうか?

なんとなーく、下の並べかたのほうが
すっきりと見やすくて良い物のように感じませんか?

 

この2つの図の違いは、すき間のとり方です。
すき間の使いかただけでも商品やお店の印象は
ガラッと変わります。

 

どう見せたいかにもよりますが
「お買い得そう♪」と感じて立ち寄ってほしい時は
あえて空間を詰めて、ごちゃっとさせたほうが
お得そうに見えます。

商品のイメージを良く見せたい
高級感を出したいという時には
空間を広めにとると、高そうに見えます。

 

こんなふうに印象を左右する
ディスプレイのなかの「すき間」は
ディスプレイ用語でネガティブスペースと呼ばれます。

 

ディスプレイがいい感じにならないときは
もしかすると、このネガティブスペースの使い方で
解決できるかもしれません。

(以前、ネガティブスペースの使い方を整えて
売上が激増したお店がありました *^-^*)

お金をかけなくてもできますので
ぜひ挑戦してみてくださいね♪


公式LINEのお友達のかたへ
接客販売やオンライン接客に関する

最新情報をお届けします。
お気軽に手に入れてくださいね♪

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事