Blogブログ

入店してもらうために効果的な○○ができていますか?

vol.278

こんにちは!

広島から『売れない』で悩む
店長さんをなくしたい!

売れない販売員を
売れる販売員に
育てるお手伝いをしています。

*売れる販売員とは
 売上目標を達成できる販売員を意味します

ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です。

 

長かった子供の夏休みも
ようやく終わりますね。

お母さま方
お疲れさまでした^_^

 

新学期前で
預かり保育がなかった今日は
息子とショッピングモールへ。

雑貨のショップでは
もうハロウィングッズの季節ですね♪

 

今日もお気に入りの
サメがらに
サメのヒレ付きTシャツを着た
5歳のサメ男は

ウインドウのガラス越しに
「わあ~ハロウィン~」
と言いながら何かを見つけたみたいで

雑貨のショップに
駆け込んでいきました。

 

「わあ~」と
立ち止まる視線の先には

 

 

サメスリッパ!


ハロウィンじゃないんかい!(^^;

 

このサメスリッパが
息子の
アイキャッチになって
入る予定でなかった
雑貨屋さんに入ってしまったわけです。

入るとつい何か買いますよね・・・

 

以前サポートさせていただいた
お洋服のショップで
入店客数が減って悩んでみえた
お店がありました。

 

その
対策として

お店の入口前に
ワゴンセールを大量に
並べてみえました。

 

何でそうしているのか
聞いてみると

お客様から
「もっと高いお店だと思ってたけど
 意外とお手頃なのね♪」
と言われることが多いから
値ごろ感をアピールしたいとのこと。

 

お客様の声を
反映させようとされているのは
素晴らしいのですが

このやり方は
間違っています。

 

理由はいろいろありますが
ひとつ挙げるなら
このままだと益々
お客様が減っていってしまうから。

ワゴンセールが
新規客獲得に繋がっていれば良いのですが
むしろブランド価値を下げてしまっていました。

 

ということで
大量のワゴンを取っ払っていただき

お店の中に
簡単にできる
アイキャッチを作ってもらいました。

 

その結果
それまで
売上げの前年割れに
歯止めがかからなかったのが

客数も増えて
売上げの前年越えができたそうです。

 

ちょっとしたディスプレイの違いでも
売上は変わりますよ(^^)

 

あなたのお店の改善ポイントが
接客なのか?
ディスプレイなのか?
人間関係なのか?

まずはお話を聞かせていただきながら
お店に合った方法を考えていきます。

ご相談方法は
こちらをご覧ください
 ⇒無料個別相談

お役に立てると嬉しいです☆

 

本日も読んでくださり
ありがとうございます(*^-^*)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事