Blogブログ

垢抜けたディスプレイには、このひと手間がある☆

こんにちは!
広島で、店舗の売上アップを
サポートしています♪

ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です。

 

先日
子供の通う幼稚園で
バザーがありました。

私は今年
バザー役員をやっていて
パンや焼き菓子を販売するブースを
担当したんです。

 

パンは
協力してくださる
地元のパン屋さんから仕入れて

マドレーヌなどの焼き菓子は
お母さんたちで手作りして

パンとお菓子類を合わせると
約1,000個の商品を販売しました。

 

例年はそれらを
仕入れた箱のまま置いて
販売していたのですが

せっかくなので
手に取りやすく

そして
ワクワクしてもらえるように
ブースのディスプレイをしました。
(残念ながら写真は公開できません)

 

最近は
アドバイスをすることはあっても

自分でデザインして
商品陳列をして
販売するなんてことは

久しぶりだったので

個人的には
めちゃめちゃ
楽しかったです(*^-^*)

 

商品が飛ぶように売れていくので
抜けた部分の
陳列を変化させたり

動きが悪い商品は
売れる場所に移動させたりと

ディスプレイで売れ方が変わるので
ホントに面白いんです。

 

今回は
品目が多かったので

カゴや
木の板や
トレイなど
仕切れるものを使って
メリハリをつけました。

 

でも・・・
それだけだと
まだ何となーく
垢抜けないんです。

 

これを素敵に魅せる
ちょっとしたひと手間。

 

それは

 

高低差をつけることです。

 

高低差で
全然変わります(^^)

高さを出すのには
専用のものでなくても
100均で売っている木の箱や

アクリルケース

お手持ちのコップなどでも
大丈夫です(^^♪

ただし!
触った瞬間に
ひっくり返らないように
安定感は確保して置いてくださいね。

 

ディスプレイが
イマイチ垢抜けない!

そんな時には
高低差で
解決できるかもしれません。

ぜひ、お試しいただけると嬉しいです。

 

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございます(^^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事