Blogブログ

【オンライン商談】緊張せず自然に会話を始められる方法/オンライン接客・リモート営業・WEB商談

こんにちは!
オンラインパーソナル接客の矢島真紀です。

オンライン接客に入るとき
「今回はどんなお客様だろう?」
「うまく会話に入れるかな?」
「盛り上がらなかったらどうしよう」と
緊張してしまうことってありませんか?

今日はオンライン接客で
誰でも自然に会話を始められる方法について
お届けします。

 

企業研修などをさせていただくと
ベテラン販売員、ベテラン営業の方でも

オンラインでは
「めちゃくちゃ緊張する!!」
とのお声をよく伺います。

慣れないことを始めるのですから
緊張するお気持ちは
本当によくわかります。

 

特に会話の最初の場面では
何か話さなきゃと
焦ってしまったり。

とりあえず
天気の話をしてみたものの
店頭の接客のようには
うまく会話が進まないと感じられた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

最初にペースをつかめないと
接客全体のペースまで崩れてしまうので
会話の初めは

スムーズにいきたいところですよね。

 

私も現在では、いろいろな方と
オンラインでお話をしていますが
もともとは
お客様とコミュニケーションをとることが
あまり得意ではありませんでした。

 

だからこそ、誰にでもできる
ちょっとした方法を活用しています。

そうすることで
オンラインでも驚くほどスムーズに
会話を始めることができるように
なりました。

 

じつはこの方法は
私がオンラインセミナーをするときに
心理的な効果を狙って使っていた方法です。

オンライン接客でも
戦略的にされている一部の企業様では
使ってみえます。

 

今回は、その方法を
こっそりとお教えしますね。

 

最初の会話で緊張してしまう人は
定型文を使ってみてください。

お客様に合わせて
その場で会話を選ぼうとしなくていいんです。

 

そんなマニュアルみたいな接客でいいの??
と思われるかもしれませんが

オンライン接客のスタートの部分は
マニュアル通りのほうが
むしろ効果的です。

では、どのような内容を話せばよいのか?
ここからがポイントです。


話す内容は3つあります。

 

1つ目は
聞こえますか?

2つ目は
見えますか?

3つ目は
〇〇していただけますか?

この3つです。

 

これは
何をやっているのかと言うと
じつは、お客様の集中のスイッチを入れています。

 

人には
聴覚が優位の人

視覚が優位な人

感覚が優位な人

という3つのパターンがあります。

 

どのパターンの人にも
スイッチを入れるために

見えますか?
聞こえますか?
〇〇できますか?
と、刺激をしています。

 

また、単純に
確認の意味合いもあります。

オンライン接客で
音声が聞こえるか
画面が見えるかというのは
当然ながら大事なことです。

特に音声が悪いまま進めていくことは
お客様にとってストレスになり
商談に集中できない原因となります。

一言確認しておくことで
万が一問題があった場合にも
接客が進む前に対応することができます。

 

そしてもう一つ。
心理的な効果として

最初に「はい」「はい」「はい」と
YESを3つもらえることで
お客様は安心して
接客に集中しやすくなります。

 

このように
接客に入るときに
緊張したり
不安になってしまう方は

3つの定型文で接客に入るという方法を
試してみてはいかがでしょうか。

 

YouTubeでは
実際どんなふうに話すのか
実演でご紹介しています。

こちらもぜひ
ご参考になさってくださいね。

 

なおオンライン接客に関する情報を
公式LINEでお届けしています。

情報をご希望されるかたは
お友達になってくださいね♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事