Blogブログ

入店時のお店の印象を一瞬で高める方法

こんにちは。
広島・ブリング トゥ ザ テーブル 代表の矢島 真紀です。

前回、入店客数を増やすことが大切というのお話をしましたが、今日は、具体的にできることを一つご紹介します。

それは、目線をお客様にきちんと向けてあいさつをすることです。

お客様が入店される時や、お店の前を通りかかる方に、「いらっしゃいませ」や「こんにちは」とあいさつをしますよね。

その時に販売担当のあなたは、どこを見ながら「いらっしゃいませ」と言っているでしょうか?

販売員さんがあいさつをしている時、目線がお客様に向いていないことは、意外にもよくあります。
何か作業をしながらあいさつしてるんだから、しょうがないでしょ、という気持ちもわかります。

しかし、目線を向けずにあいさつをすると、お客様は自分が歓迎されていると感じることができません。
適当に言っているのかな、心が込もっていないなという印象を受けてしまいます。
せっかくあいさつができているのに、もったいないですよね。

目線を向けてあいさつをすると、お客様は自分に言ってくれている、歓迎されていると感じることができ、印象はぐっと良くなります。

たったそんな事?と思うかもしれませんが、より気持ち良く入店してもらうか、特に印象なく(もしくはあまり印象良くなく)入店するかで、後の展開が全然変わってきますよ。

意識するだけで、一瞬でできることですので、ぜひ試してみてくださいね。

気合いを入れすぎると逆効果になりますので、ふんわり笑顔でね^ ^

ブリング トゥ ザ テーブル 矢島 真紀

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事