Blogブログ

コロナで変化!お客様に試着をしてもらうには

こんにちは!
広島・ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島真紀です。

九州での豪雨災害。心が痛みます。
心よりお見舞い申し上げます。
広島の豪雨災害からも、ちょうど2年。
これ以上、各地で被害が出ないよう

祈っています。

 

先日、販売員さんたちと
『コロナの前後で変わったこと』について
お話していました。

するとアクセサリーを取り扱ってみえる方が
こんなことをおっしゃっていました。

゛以前はネックレスの試着の時
私たちが(お客様に)着けてあげていたのですが
今はできなくなってしまって・・・
お客様に「着けてみてくださいね」と言っても
着けてもらえないことが多くて、接客がしづらいです。”

 

確かに・・・
私もアクセサリーの販売をしていたので
この販売員さんのご事情は
本当によくわかります。

 

ではここで、質問です。

なぜ、販売員さんは
お客様に試着してほしいのでしょう?

 

着けてもらったほうが
買ってもらえる確率が上がるから??

確かに、それもあるでしょう(^-^;
でも、それだけではないですよね。

 

じつは
着けてもらったほうが
そのネックレスの印象が正確に伝わるから。

 

当ててみるだけと、ちゃんと着けてみるのでは
印象が変わることって、よくあるんです。

それを販売員さんは知っているから
当てるだけではなくて
着けてみることをお勧めするんですよね。

買った後「イメージと違った・・・」って
後悔してほしくないですものね。

 

では反対に、なぜ、多くのお客様は
試着をしたがらないのでしょうか?

 

着けると、買わなきゃいけない雰囲気になるから??

確かに、それもあるかもしれません(^^;
お客様の心理的に。
あ、実際は、ほとんどそんなことないです。

 

他にも、単純に着けるのがめんどくさい
というのもありますよね。

 

しかし、それ以前の原因として
試着するメリットを、正しく理解していない
からではないでしょうか。

メリットが感じられないのに
「買わなきゃいけないかも?」という不安や
「めんどくさい」というハードルを越えてまで
試着したいとは思いませんよね。

 

このメリットは
販売員はプロだから知っているけれど
お客様は知らなくて、当然なんですよね。

 

こんなふうに考えてみると
お客様に試着を促すとき

ただ「着けてみませんか?」では言葉足らずで
もう一言、必要になります。

お客様に試着のメリットを感じていただくために
あなたなら、どんな言葉を添えますか?

では、また☆

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事