Blogブログ

お客様の「買って良かった」につながるために

vol.228

こんばんは!

れない販売員でも
売れる販売員に変わる
広島・ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です

5年近くお世話になった
美容師さんが辞めてしまわれて

同じお店の、別の方に切ってもらったら
前髪がえらい短くなり
幼い感じになっております(^-^;

最初は
「ま、いっか」と思っていたけど

やっぱり
まとまらなーい!

困りました~(;^_^

そうそう、これも
ヒアリング(質問)だと思うのです。

以前の美容師さんとは
「今こういう仕事をしていて
 こんなイメージに見えてほしい」という
話をしていたのですが

今回は「前と同じ感じで」
だけでは、言葉足らずだったんですね。

美容室には
いつも子供と行くので、
美容室で見ている
「〇〇くんのお母さん」のイメージしか
美容師さんの頭の中になかったのかなぁと
想像します。

販売の場面でも
例えば、私が扱っていた
アクセサリーなんかはそうなのですが

目の前のお客様の別のシーン
イメージしてみることって大切です。

とはいえ、透視できるわけではないので(^^;
質問するんですけどね。

「合わせたいお洋服はおありですか?」
「普段使いたいですか?それとも特別な時ですか?」
「お仕事の時は、ジャケットをお召しになるのですか?」

など
今日と違うシーンについて質問をしてみることで
お客様の「買って良かった」に
繋がりやすくなるのではないでしょうか。

本日も読んでくださり
ありがとうございます(^^)☆

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事