Blogブログ

この質問で、猛プッシュが不要になります

こんにちは!
広島で接客販売のサポートをしている
ブリング トゥ ザ テーブルの
矢島 真紀です。

遅ればせながらですが
あけましておめでとうございます。
2020年のスタートは
どのようにお過ごしでしたか?

 

私は年末年始を
東京で過ごしていました。

せっかく東京に行ったので
広島では受けられないセミナーを
受けてこよう♪と思い
元旦からセミナーでした(^^)

最近は
セミナーの内容だけでなく
講師の先生を
受講生の目線で見るとどうなんだろう?
と考えながらセミナーを受けています。

 

接客販売でも
接客を受けて
お客様の立場を経験することって
とても勉強になりますよね。

近頃はよく
商品知識ではなく
その商品を通して得られる未来を
お客様に伝えましょう
と言われますが

実際接客を受けてみると
まだまだ
商品知識を提供してくれる販売員さんが
多いことに気付きます。

 

東京でも
お洋服の接客を数件受けましたが

とても感じのいい販売員さんでも
「何にでも合わせられますよ」
「優しい色ですよ」
「シワになりにくいですよ」

と、商品の良さを
伝えてくれるばかりで

「これを買うと、どうなる」
という未来のワクワク感を
感じさせてくれる接客には
出会えませんでした。

 

とは言え・・・
未来のワクワク感って
どうやって感じてもらうの?

それって
難しいんじゃないの??

もしあなたが
そう感じるなら、
こんなふうにしてみては
いかがでしょうか。

 

それは
どう使いたいか
お客様に聞いてみることです。

 

ただし
「どう使いたいですか?」
と聞いても
お客様は答えてくれません。

これだけでは
質問が大きすぎて答えにくいので
答えやすいよう小分けにして
質問していきます。

 

例えば
アクセサリーの
ネックレスをご覧になっていたら

「普段に使いたいなとか
パーティーなど特別な時に使いたいなとか
おありなんですか?」

と2択で聞いてみます。

 

「新年会があって」など
答えてくださったら

「新年会がおありなんですね。
せっかくですので
おしゃれしたいですよね。
ちなみに、新年会でお召しになる
お洋服はもうお決まりなんですか?」

という感じで
いつ着けたいのか
どんなお洋服に合わせたいのか、など
着けるシーンを思い描くための情報を
具体的に聞いていきます。

 

こうやって
お客様の頭の中と
あなたの頭の中に
同じイメージを描きながら
ぴったりなネックレスを
選んでいきます。

自分が使っているシーンが
ありありとイメージできたお客様は
とても楽しそうにお買い物されます。

猛プッシュなんて
全く必要ありません。

 

同じ要領で
アクセサリー以外でも
食品の販売などでも使えますよ(^^)

あなたの扱う商品では
どんなふうに活用できそうですか?

販売力アップの
ご参考になると嬉しいです。

 

【公開セミナースケジュール】

◎2020年1月18日開催
おけいこ教室講師のための話し方講座
詳しくはコチラ⇒

◎2020年1月21日開催
自己紹介セミナー
詳しくはコチラ⇒

◎2020年2月19日開催
クレーム対応セミナー
詳しくはコチラ⇒

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事