Blogブログ

電話応対での印象アップのコツ

vol.242

こんばんは!

地方から
全国売上NO.1販売員を生み出客法で
売上アップをサポート!
広島・ブリング トゥ ザ テーブルの

矢島 真紀です

 

今日はコレに翻弄されました。

オレンジオイル・・・

なんのこっちゃですが (^^;

子供の幼稚園のバザー役員になった私。
伝統のマドレーヌを作るために
オレンジオイルが必要ということで
買い出しに出たものの

これが

 

売ってな~い!!

ホントどこにも売ってないんです。

百貨店ならあるだろう
広島中の百貨店に
1件1件電話をしました。

 

結果、無かったのですが(涙)
この電話が意外にも
おもしろい経験になりました。

 

百貨店に順番に電話をしていくと
電話応対ひとつで
印象が大きく変わるんだなあと
改めて実感しました。

発声のしかたも
対応のしかたも
百貨店によって全然違いました。

 

印象がいいなと感じたのは
トーンが高め
柔らかい印象
笑声えごえ)

そして
好印象の発声ができる方は
対応も一番好印象でした。

 

『笑声』すなわち
笑顔が伝わるような声を
発声するには
簡単な方法があります。

 

それは

 

電話の近くに手鏡を置いておいて
自分の笑顔を見ながら
話すことです。

笑顔で話すと
笑声になるんですよね。

簡単でしょ(^^♪


さらに
柔らかい印象にするには
語尾をふわっと置くようにすると
柔らかくなります。

例えるなら
水の入ったグラスを手に持っていて
テーブルに無意識にドンと置くのではなく
音をたてないようにそっと置く感じ。

そんなイメージで
語尾を意識して
優しく置くようにする。


こんなテクニックよりも
心が大切なのは当然なのですが
電話での声の印象は
思っている以上に大切なので

もしあなたが
これまであまり意識してなかったなあと
思われるようであれば
ぜひ意識してみられるといいと思います。

そして
電話の印象が良くなったからといって
売上アップするわけではありませんが

細部への心配りが
結果的には
売上アップに繋がっていると感じます。


本日も読んでくださり
ありがとうございます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事